2004/07/24

小児科へ行きました

舶ちゃんがお腹を壊してしまったようす。
ミルクを飲むと、すぐに(1分後位)下痢をしてしまう。
その状態が3日位続くと、ますます本格的になってきて本人も
ご機嫌が悪くなってきてしまった。
どうしよう…赤ちゃんはすぐに下痢をするっていうから、
病院に行くほどのことじゃないのかな。
でも、一日何回下痢してるんだろう?6、7回。お尻も真っ赤。痛そう。
泣き方が痛そうな声。もう3日続いてるし、かわいそうで見てられないよ。
と、いうことで近くの小児科へ行ってみることにしました。

3ヶ月検診の時にボランティアの方達に近所でお勧めのお医者さんを
聞いておいて、よかった。
で…お医者さんのお話だと、多分、母乳とミルクにそれぞれ体が
合わせようとしていてバランスが崩れたのではないか、ということでした。
お薬を出してもらえ、とりあえずそれで様子見ということに。

想像外の原因だったなー。最初、え?って思っちゃった。
赤ちゃんの体って、日々どんどん複雑に進化してきてるから、
今まで解らなくて平気だったものも敏感に感じ取るようになって、
その過程でこういうことも起こるんだね。きっと。
その日は哲史も早く会社から帰ってきちゃいました。
はじめての病院だから、私も哲史も心配しちゃったね。
しかし…病院の受け付けで、他の小児科の患者さんかな?
子連れの患者さんかもしれないけど、3、4歳の男の子二人連れの
お母さんがいて…もう、男の子ってすごいねえ。
ソファからソファへ飛んだり、はねたり、奇声を上げてみたり。
しかも二人いるから、相乗効果で大騒ぎ。
お母さんが叱ると、へんてこな表情をして反抗してみせる。
お母さん益々怒る。
あれじゃ、叱るのも無理ないかもって思った…(^^;)。
子育ては戦い、かもしれない。
# by nazuna_fujii 2004-07-24 01:02

0 件のコメント: