2004/09/13

華氏911

久しぶりに、映画『華氏911』と『ヴィレッジ』を見てきました。

『華氏911』、奇しくも9月11日に見ることになりました。
哲史がずっと見たがっていて、まあ私も見ておきたいとは思っていましたが、
あまり楽しみにできる種類の映画ではないので落ち着きつつ…この作品、
戦争に協力的だった米メディアに対抗してプロパガンダ風に出来ています。
小泉首相とブッシュの関係を思うと他人事とは思えない。
心に残ったメッセージは…
『戦争とは人々の貧困と無知がなければ成り立たない』
よく弱肉強食っていうけど、まさに、現実の世の中は強い人がうまみを得る
ために弱い人々を利用している…。
イラクの人々、若い米兵、兵隊の家族…傷つけられた人々の映像が
悲しかった。この映画もその1つだけど、色んな情報、考え方に触れ、
さらに自分の頭で考えるようにしたい。
「利用される弱い人」になるのを防ぐために。
ただ哲史と、私達も間接的に「弱い人々」を利用しているね、という話に
なりました。私達がぜいたくをすることで貧しい国の人々に与える影響…。
自己満足と言われる程度のことしかできないかもしれないけど何かしらしたい。
『ヴィレッジ』怖かったですよ~。
「シックス・センス」は見てなかったんですけど…これはCMで面白そうだったの
で見ました。怖サスペンス系は哲史も私も好きなので楽しかったです。
傑作『リング』にはかなわないけど、近い空気を持ってました。

0 件のコメント: