2012/08/25

夏休みの工作と万華鏡の世界♪

 夏休みの自由研究、今年は不思議ボックス
(3D万華鏡、ともいう?)のキットを
偶然旅行先の仙台の万華鏡美術館で
買うことができたので、それを制作しました。
 
まずはえんぴつで描いたデザインに沿って
除光液を塗り、表面が柔らかくなったところを
青い部分が透明になるまで
つまようじやドライバーで削り取ります。
 
 カリカリ削ってます。
きれいに削っていくのに結構根気がいりますが、
ほぼ1日でできましたよ♪
 
削って透明になったところに
油性ペンやカッティングシートを貼り色付け。
 そして鏡面のフィルムをはがし、
製本テープを使って立体に組み立てます。
そして完成。穴から箱の中をのぞくと…
 
 こんな感じになりました。
太陽、星、雲などが無限に繰り返される世界。
なかなか迫力があります♪
稲妻が生きてるね!
 
これは割と簡単に子供でも作れて、
うわぁ…という感動の作品ができるので
とってもおすすめ!
なんだか自分でも作ってみたくなって
キット余分に買ってきたのですが、
慧人も作りたいらしいから、慧人用に
取っておこうかな。
 
このキットは、ヤマザキミノリさんのCUMOSという
アート作品から生まれたものだそうです。
どうりで、いいアイディアで可能性が広い仕掛けだな~
と思った…。
このキット探してみたけどネットで販売していない?
みたいなのですが似たのがありました。
こちらで購入できます。
 
そして、こちら↓もまた、
仙台の万華鏡美術館で購入した
オイル万華鏡。
本当~にキレイなんです。
特に夜とか白熱灯(透明タイプ)に
向かって見ると、輝きと色合いに見とれてしまう程です。
うまく写真にとれないのですが、
同じものがネットで売ってたので
これまた紹介しておきます♪
(見える画像も見れます。)
 
 
海外の作家さんの万華鏡も見れますよ。
実物の画像は輝きが更に増して
星空みたいに輝いてます♪
万華鏡って深いです…


0 件のコメント: